よくあるご質問を記載しました。

その他疑問・質問がございましたらお気軽にご相談・お問い合わせください。

遠方でも対応可能ですか?
ドローンは
​購入するのでしょうか?

対策プログラムでどのように運用を立案するかにより、購入又は貸与かを決定します。当社では、当初の運用においては貸与を勧めています。理由は思うような効果が得られず、違う対策を講じるケースとなった場合には、「使わない備品」が発生し、自治体における負担となるためです。

はい。「相談」、「提案」まではオンラインの面談キットを無料でご提供します。顔を見て話をすることができます。契約後は必要なタイミングでフェイスtoフェイスで企画を進めてまいります。

Q&A

ドローンの操縦は
誰が行いますか?

操縦練習を行い職員や猟友会関係者が操縦できるようにすることも可能ですし、パイロットを都度派遣することもできます。

ドローンの運用に
​保険は適用できますか?

はい。ただし、契約相手は当社ではなく保険会社となります。

見積等はこちらで用意します。(現時点で貸与されるドローン向けの保険商品が設計されていないため)

参考:対人・対物:1億円の保証で年額2万円程度

次年度に向けた
相談はできますか?

はい。現時点でのご意向に合わせて、書面で企画を提出することも可能です

提案はドローン利用に関する
​ことに限りますか?

弊社は、ドローンを活用した社会課題の解決を目指します。そのために、ドローンを「道具」として捉えて適材適所での活用を提案し、時にはドローンに頼らない解決策すらも見つけ出します。

Copyright © 2017 Propeller LLC.All Rights Reserved. tjgai